川崎市中原区上新城2-8-7 武蔵新城センタービル4F 044-982-1855

ブログ

小児矯正

 

日本人の顔の進化のシュミレーション。

未来予想は右上のように頭が大きく、顎が細くなっていくそうだ。

 

02

 (東京大学工学部原島研究室より)

 

 

実際のところ、進化なのか退化なのかはよくわからないが、

変な顔になるみたいだ。

 

いや、未来では美的感覚もきっと変わっているのだろう。。

 

 

そんな未来のことはさておき、

日々の診療でも変化を感じることはある。

少し前と比べても、子供の顎は小さくなってきているように感じる。

歯ならびが悪い、舌の癖がある、口で呼吸をしている・・・

 

 

顎が小さければ歯がきれいにならぶスペースは足りない。

小児矯正の需要も増えていくだろう。

 

IMG_3327 IMG_3331

 

 

 

昨今の歯科では、むし歯・歯周病の予防がうたい文句だ。

 

矯正もそういう段階にきている。

小児矯正、舌・口元のトレーニング、食育・・・

いいか悪いか、何事も予防の時代になってきた・・

 

| 2016年10月23日 | カテゴリ:院長ブログ |

観葉植物

 

待合室に新しい観葉植物を置きました♪

 

 

IMG_3376

 

 

 

観葉植物には、癒し効果、空気洗浄効果、加湿効果などがあるそうです。

 

 

本心を言ってしまえば、育てる手間は面倒くさい。。

でも、置いて見るとやっぱりあった方がいいんだよな。

いつもそうだが、「面倒くさい」との戦いだ。

 

| 2016年10月19日 | カテゴリ:院長ブログ |

挨拶は時の氏神

10日ほど前、

「 医院全体の接遇力を上げよう! 教育する風土をつけよう! 」

そんな話をしながらスタッフとミーティングをしていた。

 

とはいっても、何から取り組む?ってことになる。

やることは盛りだくさんだが、大事なことから始めよう。

 

 

スタッフの提案で、まず「挨拶」から始めることになった。

例えばこんな場面ではこうしよう・・なんてことを考えながら取り組んでいる。

 

こちらのお席です

 

 

 

 

 

小・中・高の部活を思い出す。

朝練に向かう途中、すれ違う人に「おはようございます」と挨拶をする。

知らない人にも挨拶をするように教えられた。

練習中も、出勤してきた先生を見つけると、グラウンド端のどんなに遠くにいても

大きな声で、聞こえるように挨拶をしていた。

 

挨拶は基本中の基本で、最も大事なことなんだ。毎日のように言い聞かされた。

 

 

千葉県内のある強豪校サッカー部は毎日、電信柱に挨拶の練習から始まる。

京都花街の舞妓さんは、はっきりだれかとわからない相手にも立ち止まって挨拶をする。

その答えになる言葉も「電信棒見ても、おたのもうします」だ。

 

電信柱に挨拶。。。なんのこっちゃと思うが、大事なことは

素直で、謙虚で、思いやりのある挨拶をすること。

 

 

明るく、気持ちのいい挨拶を浸透させよう!

 

 

「挨拶は時の氏神」…争いごとが起きた時に、その仲裁をしてくれる人が現れたら、

その忠告や助言には従うのがいいということ。

 

| 2016年10月17日 | カテゴリ:院長ブログ |