川崎市中原区上新城2-8-7 武蔵新城センタービル4F 044-982-1855

小児歯科

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • インプラント
  • ホワイトニング
  • 顎関節症・かみ合わせ
  • スポーツ歯科
  • 予防歯科
  • 妊娠中・授乳中の方へ

小児のむし歯ゼロを目指します

子供には小児専門の治療や予防が必要です。まずは「歯医者は怖いところではない」と思ってもらうことがスタートです。
乳歯や生えたばかりの永久歯には、フッ素やシーラントなどの予防処置を行うことで、早くから歯を削ったり抜いたりするような治療を受けないで済むようにすることが大切です。乳歯は永久歯にくらべてむし歯の進行が早いので、早期発見、早期治療を心がけましょう。
当院では、安全性を考慮して小児の治療に金属は使用しません。

小児の時期に、顎の成長を把握することが重要です

食文化が変わりつつある日本では、近年、子供の顎と歯の大きさのバランスが悪くなっているように思えます。柔らかいものをあまり噛まずに食べる → 顎が細くなる → 小顔に見える。これは一方では望ましいことかもしれません。意見が分かれるところですが、顎が小さければ永久歯の並ぶスペースが足りず、きれいな歯並びを得ることはできません。 重要なことは顎の成長を把握することです。乳歯から永久歯に生えかわる時期に上顎前突(出っ歯)、下顎前突(うけ口)、開咬(前歯で噛めない)などの骨格的な不正を見過ごさないことです。当院では顎の成長をしっかり把握しながら、治療をすすめていきます。

矯正については、こちらでご案内しております。